今年最後のYB LIVE 優香クインテット×小田桐陽一

f:id:yellowbrick28:20181116235223p:image 

f:id:yellowbrick28:20181117000054p:image

優香クインテット×小田桐陽一
「クリスマスの音楽会2」

札幌のヴォーカリスト玉村優香率いる
優香クインテットは、道内で活躍する
ヴァイオリン、チェロ、ギター、トロンボーン
比類なき編成バンド。

昨年のクリスマスイブの音楽会の名を改め、
今年もまた開催致します。

函館を拠点に道内外で活躍中のパーカッショ二スト
小田桐陽一を迎え、冬の夜を彩ります。

スタンダードJAZZや耳慣れた洋楽、邦楽の
ポップスを優香クインテットにしか出せない、
アレンジで聴かせてくれます。

皆さまのお越し心よりお待ちしています。

 

12/8 土曜日

場所
Tune hostel&music bal
函館湯川町1-30-1
函館アリーナ隣

チケット代
前売り¥3000
当日¥3500
中高生¥2000

チケット販売店

🌸haru- na- tei
函館市杉並町20-4
☎︎09013883353
アクセス 市電杉並町駅下車
徒歩1分以内 杉並交番向かい
19:30〜24:00まで営業。

🐇月夜のうさぎ
函館市戸倉町34-5
☎︎0138875839
アクセス
フレスポ戸倉斜め向かい(空港寄り)
tsukiyonousagi.com/m

🎵music bal Tune
函館市湯川町1-30-1
☎︎ 0138856630
アクセス
函館アリーナ隣横のビル
ホテル雨宮館向かい
市電アリーナ前 下車1分以内
http://tune-hakodate.com/

🎫YELLOW BRICK
オンラインチケット販売サイトBASE
https://yellowbrick.official.ec/

✉︎yellowbrick28@gmail.com

 

福本ゆめ秋のMUJI CAFE二胡演奏会

f:id:yellowbrick28:20181002233017j:plainf:id:yellowbrick28:20181003081041j:plain

先日、札幌より二胡奏者で心像音楽家の福本ゆめさんがいらっしゃいましたので、

商業施設シエスタMUJI CAFEさんでミニライブをセッティングさせて頂きました。

 

MUJI CAFEの店長さん自ら制作してくださったフライヤーは、お客様がお持ち帰りになり、

あっと言う間に無くなってしまったそうです。

(素敵な文章とフライヤーありがとうございました)

 

AM11:00から演奏が始まるので、早々に出向き音響のセッティング。

 

f:id:yellowbrick28:20181002234003j:plain  f:id:yellowbrick28:20181002234033j:plain

 

リハーサルをしているゆめさんの音色を一足早く聴こうと、既に数人のお客様が足を止められ、

聴き入っておりました。

 

リハーサルも終わり、本番が近づいてくるころには、MUJI CAFEの椅子も満席状態。

 

事前に告知をみていらっしゃった方、たまたま通りかかり聴き入っていた方、そして以前、

函館でゆめさんの演奏を聴き、いらっしゃってくれた方、様々な方々がMUJI CAFEの空間を共有し、

二胡の音色を聴き入っている姿にありがたい気持ちでいっぱいになりました。

 

優美な二胡の音色がいっぱいに広がり、ゆめさんが奏でる世界に引き込まれてしまいました。 

 

f:id:yellowbrick28:20181002234112j:plain

二胡の音色を聴いた方、なんだかとても懐かしいと誰もが言います。

 

生まれる前は、中国に居たのかしら?と思わず錯覚してしまうほど、郷愁をそそられます。

ゆめさんの優しく力強い演奏に多くの方が魅了されておりました。

 演奏が終わった直後、ゆめさんとお話したい人が沢山集まり、その中の数名様が二胡を奏でてみたい、

習ってみたいと仰って下さいました。

 

まだ、スケジュールは未定ですが、来年早々に二胡を演奏できるワークショップ(体験会)を

予定しておりますので、こちらのブログでご確認下さい。

(詳細が決まり次第、UP致します)

 

また、本格的に二胡を習われたい方もお待ち下さいませ。

 

今回、お世話になりましたシエスタの方、MUJI CAFEの店長様、スタッフの皆様、

お越し頂いた皆様誠にありがとうございました。

 

今回のライブは、二胡のお披露目演奏でしたので無料でご観覧頂きましたが、

胆振震災で今も眠れずに怯えている子たちの元に

ゆめさんのご意向で、寄付する為にご支援を募らせて頂きました。

 

集まった金額は、11500円

 

震源地に近い安平町のお子様達への支援の

ため、ゆめさんが直接出向くそうです。

その行動力にいつも影響を受けます。

皆さまの沢山のお気持ち誠にありがとうございました。

 

 

【お知らせ】

福本ゆめさんは、二胡を高齢者施設や病院などで訪問演奏されています。

千ヶ所訪問を目標にされている千ヶ所訪問演奏。

 

うちの施設でも是非演奏して欲しいと言われる函館の施設や病院関係者の方は、

YELLOW BRICK(ウチダ)までご連絡下さい。

 

yellowbrick28★gmal.コム(星マークを@にカタカナをcomに変換)

 

 

備忘録「クリスマスイブの音楽会」2017.12.24

昨年の9月3日に近郊で行われた「大沼JAZZフェス」

なにげに、一人でふらりと足を運びフェスを堪能していた時に

大きな出会いがありました。

秋の夕方、風は冷たくさすがに防寒着がなければ、その場にいられないほどの寒さ。

そこに真っ白なワンショルダーのミニスカートのドレスで現れたのは、

ジャズヴォーカリストの玉村優香さんと演奏者の方々。

札幌からやってきた「優香クインテット」は、ギターの町田拓哉さん、

チェロの宇田梓さん、ヴァイオリンの浜島泰子さん、そしてトロンボーン

菅原昇司さん(菅原さんは、この時は参加されていませんでした)の5人編成ユニット。

 

雄々しい駒ケ岳が秋空に栄えた中、演奏がスタートし、優美な音色が場を

温かく包み込みました。

優香さんの歌声は、良い意味で想像を裏切り、力強さと繊細さの両義を

持ち合わせたパワフルな歌声に会場中が魅了されました。

 

私は、そんな彼らを観ながら、この場に来て良かったと静かに思ったのです。

 

演奏後、一人でフェスを堪能していた優香さんと話す機会が出来、

談笑。出会ってたった5分で強い縁の様なものを感じました。

 

その後、たった5分話したご縁が花が咲かせ、私は生まれて初めて

LIVEを主催することになりました。

 

更に後日、一人で参加した地元のイベント「バル街」で

演奏していたパーカッショにスト小田桐陽一さんに再会し、

主催ライブをする事になった経緯を話すと、「一人で色々すごいですね!手伝いますよ!」と、

小田桐さんの心強い言葉と力強い眼差しを受け、出演して頂きたいと思ったのでした。

 

こうして、役者が揃い優香クインテット×小田桐陽一「クリスマスイヴの音楽会」が

動き出しました。

 

昨年の12月24日道南で最大級の広さを持つBAR北風さんで行ったライブは、

クリスマスイヴの夜にふさわしい幻想的な雰囲気でお客様に喜んで頂けました。

 

準備中の間に、様々な出会いがあり、ご縁が生まれ、至らぬ初心者の私を

沢山の方々が支えてくださった。

 

この時、イベントは、おもてなしの心で、真心をこめて行っていくのだと

身を持って経験させてもらいました。

 

一人で自発的に行動した先に、それぞれがの方々が出来ることで手を貸して

下さる。結果、一人ではない事を学ばせてもらい心からの感謝が湧き上りました。

 

後にライブを終えた優香さんがくれた言葉が未だに忘れられません。

「あの場は、アキさんが創ったんですよ。あんなに温かく包まれてる

感じで歌わせてもらえるライブもありません。本当に良かったですよ」と…

 

私と云うよりは、お客様とアーティストの方々のおかげで創り上げれた

温かい場であったように思います。

お越し頂いた皆様、お力を貸してくれた皆様に心からの感謝を。

ありがとうございました。

2回目もどうぞ楽しみにして下さい。

 

ライブ備忘録

 

f:id:yellowbrick28:20180817025127j:plain

 

 

f:id:yellowbrick28:20180817025344j:plain

ライブは、710candleさんの柔らかなキャンドルの灯りの中で

小田桐陽一さんの南アフリカの楽器「カリンバ」の演奏からスタート。

幻想的な雰囲気の中でのカリンバの音色は、心もカラダもほぐれる様で、

とても心地良かったです。

 

f:id:yellowbrick28:20180817025219j:plain

 

小田桐さんの演奏が終わると優香クインテットの登場!

圧倒的な演奏と歌声に一気に魅了され、音楽と人と空間が一つになった

そんな2時間でした。

 

中でも中島みゆきさんの「糸」では、沢山の方が感動に包まれ、

ハンカチを手にして、涙を流すかた続出。

元々好きだった「糸」が優香クインテットのおかげで更に好きになりました。

 

ギタリスト町田拓哉さんとのDUO「イングリッシュマン」も最高でした。

 

菅原さんのトロンボーン、泰子さんのヴァイオリン、宇田さんのチェロ

どれをとっても最高の一言。感無量な一夜でした。

 

f:id:yellowbrick28:20180817025522j:plain

 

そんな優香クインテットと小田桐陽一さんのライブが今年の12月に

帰ってきます。12月8日「クリスマスの音楽会2」主催は、YELLOW BRICK。

昨年は、一度きりで終わると思っていたライブ主催が今では、

ライフワークになっていようとは今でも信じられない気持ちでいっぱいです。

 

この大きなキッカケをくれた皆さんに沢山の感謝をエンターテイメントとして

お返し出来る様、日々楽しいことに邁進したいと思います。

 

YELLOW BRICK主催ライブ

12月8日優香クインテット×小田桐陽一「クリスマスの音楽会2」

詳細未定

注意: 画像は、昨年のフライヤーです。

 

優香クインテット道南ツアー

10月9日(火)優香クインテット×小田桐陽一×森ようこ

場所:大町夜想 投げ銭ライブ

こちらは、完全にお客さんとして楽しみにしています!

一緒に行きませんか?

 

 

f:id:yellowbrick28:20180816230825j:plain

f:id:yellowbrick28:20180817005142j:plain

 

人が歓喜する場所へ

YELLOW BRICKの立ち上げのきっかけとなったのは、

この動画からかもしれない。

 

数年前アメリカの人気ロックグループMAROON5の「Suger」のPVを

観たときに、何とも言えない大きな多幸感に包まれた。

 

私は、人の喜びや笑顔がある場所が好きだ。

他愛のない話などで微笑みあう人達をみるのが好きだ。

特に音楽の中で起こる喜び溢れる空間にいる人々を愛しく思う。

 

ライブという熱狂で騒がしい場所にいるけれど、静寂さを感じる。

大勢で共有して喜んでいるときほど、一人ひとりが自分に集中して

心がシンプルだからだ。

 

音楽に耳を傾け、心揺らし、カラダをスイングする。

たとえ、カラダを揺らしていなくても、その人は、心の中で歓喜

踊ってるに違いない、ライブの中にいるとそう思わせてもらえる。

 

明日の心配、昨日の色々、日常で使うグルグルのマインドが

音楽を聴くことで一気に今を生きる事の大切さに気づかせてくれる。

 

その喜びは、一瞬かもしれない。

けれど、一つの音楽を大勢で共有している間、人は、物凄い笑顔なのだ。

私にとってライブとは歌い、踊り、喜びに満ち溢れた生命そのものなのだ。

 

数々のライブに足を運ぶきっかけとなった動画のおかげで

創っていく側になりたいと思うようになった。

 

人が喜ぶ場所創りこそ、私の喜びなのだと数年前に観たキッカケと

なった動画を久しぶりに観てじんときた。

そして、やはり初見の時と同じく涙が出た。

 

マルーン5は、日本でいうミスチルクラスの大御所グループ。

当時、このPVを撮影中にヴォーカルのアダム レイヴンが

「これから結婚式場をまわるよ」と謎のツイートをしていた記憶がある。

 

音楽の力とは、本当に素晴らしい。

 

youtu.be

 

7.21「Moon Night Jazz」玉村優香with藤田洋一Trio

f:id:yellowbrick28:20180815121310j:plain

YELLOW BRICKとしてはじめての主催LIVE

これから、沢山の心に触れたアーティストの方々のLIVEを生み出していきたいと思います。

はじめまして

はじめまして、YELLOW BRICK代表のうちだアキと申します。

YELLOW BRICKは、私個人が音楽と人と空間を繋ぐ事をコンセプトに

掲げ立ち上げたものです。

 

心に響く、音楽やダンス、演劇など様々なエンターテーメントを

地元函館で拡げて行ける様、主催や企画、プロデュースなどで

活動している場です。

 

2017年12月24日、大沼JAZZフェスティバルで知り合った

ヴォーカリスト玉村優香さんのバンド、優香クィンテットを

札幌より招き、「クリスマスの音楽会」を主催致しました。

 

4月21日には、LADY GAGAの専属バックダンサービクターロハス氏を

招きダンスワークショップを開催。

 

5月18日、札幌の心像音楽家として知られる二胡奏者 福本ゆめさんと

カウンセラーでセラピストのはまともこさんとの瞑想演奏会を主催。

 

そして、今月7月21日(土)玉村優香 with 藤田洋一Trioによる

「Moon Night Jazz」を主催致します。

YELLOW BRICK LIVEとしてはじめてのLIVE主催となります。

 

9月には、福本ゆめさんとはまともこさんによる秋の瞑想演奏会も開催予定。福本ゆめさんの二胡のワークショップも開講。

 

年末12月8日は、優香クインテット×小田桐陽一「クリスマスの音楽会2」も

開催予定です。こちらは、函館のパーカッショニストカリンバ奏者の

小田桐陽一さんを去年に引き続き再びゲストに招きLIVEを行います。

 

生まれたばかりのYELLOW BRICKですが今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

7月21日(土)玉村優香 with 藤田洋一Trio

Music Bal Tuneにて

19:00開場 19:30開演

チケットは、前売り2500円 当日2800円

(別途ワンドリンクオーダー)

 

出演

玉村優香(Vo)藤田洋一(Pf)谷岡穣(Tp)吉村徳泰(Ba)

出店

アルビコッカ(アクセサリー)YUNIKA(アクセサリー)

 

チケットのお求めは、こちらで。

クレジットカード、コンビニ払いなどお選び頂けます。

<iframe frameborder="0" height="480" width="320" src="https://yellowbrick.official.ec/items/11163690/widget/large" ></iframe>

 

 

脳がスコーンとクリアになる曲

ロックバンドOKAMOTO'Sのナンバーから1曲

 

この曲をはじめて聴いた時は、開眼だった。

 

なんて、的を得た悟りなのだろう。

世も世なら、これは般若心経そのものではないか。

難しいこと言ってないで、軽快にいきましょうよという

壮大なメッセージの様に思えてならない。

 

思考の中の状態を軽快なロックサウンドで

取り出されたら、そら開眼もするね。

 

”そうそう、何をそんなに絡まってんの?

グルグルしている頭の中からは、何も生まれないよ”

 

ギターリスト オカモトコウキの唸るサウンドと歌詞に脱帽。

 

オカモトショウとコウキのツインボーカルがマインドとハートの

会話になっていて、これは視点を変えると男性脳と女性脳の会話とも

とれる。理論と感情のディスカッション。

どちらにしろ、余計な事は考えず1,2,3とカウントを取り心して聴く!

「Border Line」

作詞作曲オカモトコウキ

★vo:オカモトショウ(ハートパート) 

憂鬱なエブリデイ 死ぬまでの間に

退屈を忘れさせてあげよう

そんなこともうさ 考えるのやめるんだ

とりあえずいいから始めよう

☆Vo:オカモトコウキ(マインドパート)

ねえ 純情に 愛情を 注ぎ過ぎて結果損したわ

感情は 単純じゃない 頭悪いふりしてやり過ごせない

もし何もかもが全部 決められたルールで

良いも悪いもただ予定通りで

最初からそうと 決まっていたなら

うまくいくなんて勘違いかしらね?

★Vo:ショウ

Hey! 1,2,3 カウントを取れよ

それはある種の呪文みたいなフィーリング

You & I つなぐ見えない絆

あるはずだと信じさせてあげるのさ

ドロドロに溶けて 境界を無くすんだ

わからなくたって知ったふりをしろ

一瞬のタイミング 永遠に変えるんだ

ファジーな答えでいいことにしよう

☆Vo:コウキ

そりゃ単純な 話じゃないの でも正しいことなんて

求められていない

心情は 普通じゃない 曖昧な部分が多すぎて

あれもこれも全部 目に見えるように

白黒つけれるわけではないらしい

じゃああれもこれも全部 灰色な今に

色をつけるためにどうせばいいのよ?

★Vo:ショウ

Hey! 1,2,3 カウントを取れよ

これから先はもう暗闇の中でも

You & I つなぐ見えない絆

ボーダーラインも滲む真夜中に

Hey! 1,2,3 カウントを取れよ

それはある種の呪文みたいなフィーリング

You & I つなぐ見えない絆

それはもう君の目の前にあるかも

数え続けろ目をつぶって

数え終わってもやめられない